英単語の暗記から初めてみるのも意外に効果がある?

TOEIC初級者の方にお勧めするには、かなり極端な勉強法ですが、英単語を丸暗記してみるというのは、意外に効果がある方法です。

 

というのは、英単語を知らないために、リーディングやリスニングができないことが多々あるのは事実だからです。

 

だからこそ、初級者の方が自信を付けるために、TOEICに出題される英単語を一心不乱に覚えることは、効果的なTOEIC対策になります。

 

ただし、大事なことは、意味とスペルだけではなく、発音・アクセントもきちんと押さえておくと言うことです。それさえ忘れなければ、大量の英単語を覚えておくことで、リスニングの勉強にも飛躍的なスコアアップに繋がります。

 

TOEICのスコアが400点位で、勉強のモチベーションが上がらない方には、ぜひこの勉強法を意識的に行って欲しいと思います。

英単語を覚えるコツ

英単語を覚えるには、音声CD付の教材で一気に覚えるのがオススメです。昔の大学受験生がやっていたような「紙に書いて覚える」のは絶対に止めましょう。

 

英単語は「書いて覚える」のではなく、「聴いて覚える」のが正解です。

 

その理由は、とても簡単です。

 

「書くよりも聴く方が速いから」

 

英単語は、コツコツ覚えていると、それ自体がストレスになって、やがて挫折してしまいます。ですので、とにかく一気に覚えることを意識して下さい。

 

具体的な方法は、

 

@単語帳を見ながら、付属の音声CDを聴いてみる
Aそれを何度も繰り返す

 

これだけです。

 

音楽を聴いていると、歌詞を自然に覚えてしまうように、何度もCDを聴いていると、その内容を自然に覚えてしまうものなのです。ただ、意味のわからないものは覚えられませんから、単語帳を眺めながら行うのです。

 

これを、「紙に書きながら完璧に覚えよう」とするから失敗するのです。

 

音声CDは、自分のペースで覚えていくより次々と英単語が読まれるため、高速で何度も復習できます。

 

英単語を聞いた瞬間に単語の意味が浮かぶようになれば完璧です。

 

英文の中で意味を覚えていくことは大切ですが、TOEIC対策に絞ればドンドン英単語は覚え、パート別のTOEIC対策は別に行う方が効率が良いと思います。

 

ぜひ、英単語を大量にインプットし、TOEICテストに向けて対策をして欲しいと思います。