リスニングが出来ると言うことは・・・

リスニングが出来ると言うことは、相手の言うことを的確に把握できると言うことでもあります。

 

ですから、ビジネス、プライベートの両面に良い影響を与えます。

 

想像してみて下さい。

 

相手の言うことに、いちいち「え?え?」と聞き直しているような人は、相手に良い印象を与えないでしょう。

 

だからこそ、コミュニケーションの鍵はリスニングであるとも言えます。

 

リスニングが出来ると言うことは、公私ともにコミュニケーションの幅が無限に広がって行くのです。

国際結婚も不可能ではない

リスニングが出来れば、国際結婚も不可能ではありません。

 

これは誇張でも何でも無く、コミュニケーションが適切に出来れば、最終的に恋愛に繋がる可能性も十分にあると言うことなのです。

 

ですから、リスニングは一生懸命勉強しましょう(笑)。

 

スピーキングは産まれながらの能力というのもあります。

 

誰でも流暢に英会話をするというのは不可能なのです。

 

発音は、出来るだけ小さい頃から勉強しないと、上達しません。

 

大人になって一生懸命発音を勉強しても、カタカナ英語の呪縛からは永久に逃れられないのです。

 

しかし、リスニングは違います。

 

やればやるほど上達しますし、環境に左右されません。

 

ちなみに国際結婚をすると、結婚ビザの申請が必要になります。

 

結婚ビザ申請の代行サイトはこちらです。

外国人女性の特性とは?

外国人女性は、とにかくはっきりすることを好みます。

 

日本人男性のように、もじもじすることは厳禁です。

 

出来るだけはっきりと相手に意思表示しなければならないのです。

 

スピーキングの練習教材はたくさんありますが、基本的にはどれも同じでしょう。

 

スピーキングは場数が鍵と言うところもありますから、どれだけ海外旅行をするかが重要です。

 

英語を話すと言うことは実践重視です。

 

しかし、リスニングは違います。

 

普段の練習が重要です。

 

洋画を見る、ニュースを見る、音楽を聴くなどです。

 

ですから、普段から英語の音に触れることを心がけましょう。